ユアサ商事株式会社

Menu
欲しいモノ 何でもそろうGrowing Navi 産業と暮らしのプラットフォーム
AI solution
グランドフェア

トピックス

ユアサ商事株式会社

「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN2022」に出展いたします。

2022年06月23日
ユアサ商事株式会社(本社:東京都千代田区、社⻑:田村博之)は、2022年6月30日(木)〜7月2日(土)の3日間、
愛知県・Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)B・C・Dホールで開催される「ROBOT TECHNOLOGY JAPAN2022」に出展いたします。(小間番号:B-46)
工場内の自動化、省人化に関する数々の課題を解決する商品・ソリューションを展示いたします。
ぜひこの機会に、当社のブースまでお越しください。

出展予定商品

「加工環境ソリューション」搭載 ツガミ製立型マシニングセンタ VA4
+
Robo Combo M1

ツガミ製VA4にRobo Comboをドッキングします。
ナノテム製真空チャックをハンド、機械側治具に仕込み、
脆性材ワークの自動交換を実演します。
また、ロボットの機械からの切り離し、再設置、ロボット稼働の
一連の流れについても、ロボットの再ティーチングを行わない
運用方法をご提案させていただきます。

移動型人協働ロボットAGBOT
+
Robo Combo M1

コラボ企画品(㈱三明ブース B-45にて展示)
Robo Combo活用の発展・応用バージョンとしての展示です。
Robo ComboストッカーへのAGBOTによるワーク自動供給の
デモを三明ブースで実演します。
弊社より、ロボドリル、Robo Comboを提供しております。
ユアサブースからも観覧が可能となっております。

加工環境ソリューション
濾過装置
濾過装置、遠心分離機
バブパワー2
真空チャック
機内測定システム
MT-LINKi 振動・電流・温度センサー
CNC SCREEN
AI診断システム

『加工環境ソリューションから始まる「自動化」「IoT」「スマートファクトリー」』
として、加工環境を改善させるために必要なアイテムやシステムを
様々な切り口からご提案します。
*加工液の改善(精密濾過)による安定した自動化の実現
*マイクロファインバブルによる加工条件や工具寿命の引き上げ、
*予知保全の最適情報の「収集(センシング)」と「見える化」、
*機械稼働の最適化 など
どこからでも始められる「加工環境ソリューション」をご紹介します。

マルチアングルAI外観検査装置

高精度かつ低価格を実現した6軸画像検査装置です。
カメラ・直行軸・回転軸の組み合わせにより、広範囲にわたる
検査領域を確保しております。
また、AIオプションの追加により、基準を定め難い不良個所の
判別が可能となりました。
ファナック協働ロボットCRXによる実演を行います。

パーツフィーディングシステム

スカラロボット、Visionシステム、パーツフィーダーを
ワンシステムにまとめたパーツフィーディングシステムです。
多品種対応では頻繁なワーク設定が必要となりますが、
ワーク切り替えのシステム設計にかかる時間を大幅に削減します。
初めてロボット導入を検討されるお客様におきましても、
安心して導入していただけるシステムとなっています。

切削工具DX(Nakakin DX)
MATRIX
dB-2
Eagle

何らかの方法によって検知した切削工具の状態に対して、
工具出庫、ツール計測、機械への補正処理などの各指示を
ネットワークを活用して速やかに行うシステムを開発検討中です。
切削工具の状態を検知するdB-2、工具管理を行うMATRIX、
工具計測を行うEagleを使ったシステム概念をご紹介します。

【開催概要】
◆名称: ROBOT TECHNOLOGY JAPAN2022
◆会期: 2022年6月30日(木)〜7月2日(土)10:00〜17:00
◆会場: Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)B・C・Dホール
◆主催: 株式会社ニュースダイジェスト社
◆参加費:無料(事前来場事前登録必須)