ユアサ商事株式会社

Menu

欲しいモノ 何でもそろうGrowing Navi 産業と暮らしのプラットフォーム

事業に関するよくあるご質問

ユアサ商事株式会社

事業概要について

1666年(寛文6年)創業以来350年の歴史を持つ「-つなぐ-複合型専門商社グループ」です。工場分野、住環境分野、インフラ・建築分野の各事業領域において、販売先約20,000社、仕入先約6,000社のネットワークと独自機能を通じ、モノづくり、くらしづくり、まちづくりに不可欠な商品・システムを販売しております。

業界最大級の「ネットワーク」と「機能」です。「ネットワーク」については、当社は販売先約20,000社、仕入先約6,000社と取引があり、販売先様の会である「やまずみ会」(約3,000社)、仕入先様の会である「炭(たん)協会」(約500社)が組織されております。「やまずみ会」が主催、「炭(たん)協会」が協賛し、ユアサ商事が後援する展示会「グランドフェア」では、毎年全国で6万人を超えるご来場をいただきます。「機能」については、当社はお取引先様とともに5つの独自機能(総合力&コーディネート、ロジスティクス、EC、グループ)を開発してまいりました。このような業界最大級の「ネットワーク」と独自の「機能」を通じ、モノづくり、くらしづくり、まちづくりに不可欠な商品・システムの販売ができることが当社の強みといえます。

当社の販売先様の会で1969年(昭和44年)に発足し、全国に約3,000社ございます。持株会組織を持っており、「東部ユアサやまずみ持株会」「西部ユアサやまずみ持株会」を通じ、ビジネスパートナーとしてだけではなく株主の立場としても当社に対し様々なご支援を頂戴しております。

当社の仕入先様の会で1977年(昭和52年)に発足し、全国に約500社ございます。持株会組織を持っており、「ユアサ炭協持株会」を通じ、ビジネスパートナーとしてだけではなく株主の立場としても当社に対し様々なご支援を頂戴しております。

当社の販売先の会である「やまずみ会」が主催、仕入先様の会である「炭(たん)協(きょう)会」が協賛し、ユアサ商事が後援する展示会です。1978年(昭和53年)の第1回開催後、毎年開催され現在は関東、関西、中部、東北、九州の5ヶ所で毎年6万人を超えるご来場をいただいております。どなたでも無料でご来場いただけますので、ご興味がございましたら、毎年6月頃に当社ホームページ上に設けられるグランドフェア特設ページをご確認いただき、必要な手続きを行ったうえでご来場ください。

沿革について

1666年(寛文6年)京都で初代湯浅庄九郎が木炭商として創業後、8年後の1674年に江戸本石町(現在の日本橋本石町)に打刃物問屋を開きました。1919年(大正8年)には、12代目湯浅七左衛門によって本店を京都とする「株式会社湯浅七左衛門商店」を設立。以来、建築金物、打刃物、機械工具、エンジニアリング事業、環境エネルギー事業、国土強靭化対応事業へと事業領域を拡大し、現在の「-つなぐ-複合専門商社グループ」へ繋がっています。

旧ユアサコーポレーション(湯浅電池)は、第12代目湯浅七左衛門によって設立された会社で、ユアサ商事とは長年資本関係がありましたが、2004年のユアサコーポレーションと日本電池の合併によるGSユアサコーポレーションの発足に伴い、両社の資本関係は解消されております。

取組・取引について

工場分野、住環境分野、インフラ・建築分野に不可欠な生産財を中心に約500万アイテムの商品取扱がございます。主な取扱商品は、工作機械、産業機器、住宅設備、管材、空調機器、スマートエネルギー機器(太陽光、蓄電池他)、建築・エクステリア、建設機械、燃料・石油製品、家電・消費財、木材などです。

当社が持つ歴史や経験を可能な限りデータ化し、現在の仕入先様や販売先様のネットワークからの情報と、一般市場のデータを集約し、AIにより分析することで、新たなサービスや当社独自の課題解決商品開発に結び付け、「モノ売り」から「コト売り」への変革を実現していきます。 データやIT技術を活用した他社にはない競争優位性の確立を目指してまいります。

法人向け取引(B to B)が売上の大半を占めます。個人向けについては、グループ会社ユアサプライムス㈱において、家電商品(扇風機、コタツ、ストーブ、調理家電他)をECサイト、全国の家電量販店、ホームセンター、総合スーパーを通じて販売しております。また、グループ会社ユアサ燃料㈱において、愛知県を中心にカーケアサービスステーションを運営しております。

最寄りのユアサ商事各支社支店までお問合せください。全国ネットワーク

成長事業について

当社の海外取扱い比率(輸出入)は売上高の約10%ございます。海外事業については、1910年(明治43年)の中国進出後、100年以上に亘り10ヵ国28拠点のグローバルネットワークを形成しており、世界の「モノづくり」を支える生産財の販売事業、環境・エネルギーソリューション事業、インフラ・建築事業を各国において拡大させています。

人手不足やコスト削減を目的とした自動化提案に注力しております。
物流倉庫で、作業者のピッキングをサポートする省力化提案や、工場での工程間を無人で搬送する工場内物流の自動化提案に注力しています。
身近な分野でのロボット活用も推進しております。山手線の高輪ゲートウェイ駅にて、協働運搬ロボット「サウザーベーシック」を用いて、重たい荷物を自律移動または自動追従で目的地まで運ぶ作業を行い、駅や商業施設への将来的な導入に向けた実証実験を実施しました。
また、AI事業推進のため、2020年5月にAIベンチャー企業 「コネクトームデザイン」社と業務資本提携を締結し、ものづくりをはじめとした業界へのAIの普及にもチャレンジしており、アセスメント(調査)やPoC(概念実証)を進めている段階です。

独自の環境ソリューション力を強みに、工場や住環境でのエネルギー使用合理化のための機器の販売&エンジニアリング事業を行っております。太陽光発電についてはメガソーラーの設計・施工から住宅用まで幅広く対応しており、パワーコンディショナー、蓄電池、燃料電池といったスマートエネルギー機器の取扱にも注力しております。エネルギーの効率的活用やレジリエントなライフラインの確保に向け再生可能エネルギーを活用した「分散型エネルギー社会の実現」を目指します。

当社が運営しておりますECサイト「Growing Navi」を中心とした、電子商取引の拡大を行っております。「Growing Navi」は当社の全ての部門の取扱商材を掲載しているECサイトです。従来は当社と販売先様を結ぶB to Bのシステムでしたが、2021年度より販売先様とユーザー様を結ぶB to B to Uシステムが稼働しております。 ユーザー様への訪問が制限されるWithコロナ時代のデジタル営業ツールとして利用を広め、販売先様の事業活動を支援してまいります。

「防災・減災・BCP」をキーワードに、安心・安全な社会インフラの形成を推進しております。また、課題解決型の当社オリジナル商品を開発も行っております。 当事業の推進役として「ユアサレジリエンスリーダー」を社内で60名以上育成しております。当事業に関する当社の取組みが認められ、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会主催のジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)では、第1回より7回連続表彰されております。

次世代の「儲かる農業」をご提案しています。2020年5月に出資した㈱DONKEYとともに、スマート農業対応のロボットの開発・提案や、UV-B(紫外線)でイチゴの免疫力を活性化する蛍光灯の提案(参考動画:イチゴを守る。 UV-B電球形蛍光灯)などを行っております。

高齢化社会の現場改善をサポートしています。補助金を活用した介護・医療施設向け感染症対策の推進や、グループ会社の富士クオリティハウス㈱のコンテナハウスを利用した感染低減ハウスの提案を行っております。

スマート食品工場のトータル提案を推進しています。HACCP(ハサップ)をはじめとして、「食の安全」が強化される中、当社の総合力とエンジニアリング機能を発揮し、「ローコストハイパフォーマンス」をテーマに、低価格でありながら高性能な無人化された食品ラインを実現し、これまでは大手企業しか設備することのできなかった自動化ラインを、中小の食品工場様向けにご提案してまいります。

市場ニーズに合わせたシェアリングのプラットフォームを創出を目指し、工場設備、産業機器、ロボット、サービス・メンテナンス分野におけるシェアリングモデルの開発に取り組んでおります。2020年秋より農業における労働力不足の解消を目的に「運転手付き農機シェアリングサービス」を開始しております。また、この事業の先に新事業として、レンタルやシェアリングのプラットフォーム事業を見据えています。

家電について

当社グループ会社である「ユアサプライムス」のECサイト又は全国の家電量販店、ホームセンター、総合スーパーを通じてお求めください。

ユアサプライムス㈱までお願いいたします。

YUASAブランドの冷暖房機器(扇風機、コタツ、電子カーペット、電気ストーブ、ファンヒーターなど)や生活調理家電(LEDシーリングライト、電子レンジ、炊飯器、ロースター、グリル鍋など)のお問合せはユアサプライムス㈱までお願いいたします。