ユアサ商事株式会社

Menu
欲しいモノ 何でもそろうGrowing Navi 産業と暮らしのプラットフォーム
AI solution
グランドフェア

ダイバーシティ方針

ユアサ商事株式会社

ユアサ商事グループダイバーシティ方針

<ダイバーシティ方針>
ユアサ商事グループは創業以来、「人間尊重」の精神に基づき、社員の個性と権利を尊重し、起業家精神と革新的な発想を重んじて事業活動を継続してまいりました。
今後はこれまで以上に、性別・年齢・国籍・障がいの有無・様々なライフスタイル・価値観等、多様なバックグラウンドを持つ社員が、互いの価値観を尊重し、協力する風土を醸成してまいります。
また、社員一人ひとりの意識・行動変革を促すとともに、社員が働きやすい環境を整え、ユアサ商事グループ全体でダイバーシティ経営を推進し、企業価値の向上を目指します。

ダイバーシティ方針に関わる具体的な取り組み

1.基盤環境の整備(現状把握と各種制度の確認、更新等)

① 総労働時間の適正化
社員の意識改革を促すとともに、DXの推進、業務の効率化、AI等の導入により総労働時間の適正化を目指します。
② 人事評価・処遇制度
属人性を排除し、多様な人材に対応した透明性の高い人事評価・処遇制度を策定します。
③ 社員意識調査の実施
定期的に社員意識調査を実施し、会社や仕事に対する満足度を測定します。調査によって判明した当社グループの課題を解決するための施策を検討します。
④ コンプライアンス調査の実施
定期的にコンプライアンス調査を実施し、ハラスメントや不正の撲滅に取り組みます。調査によって判明した当社グループの課題を解決するための施策を検討し、対処療法でない健全な風土を醸成します。
⑤ 研修の実施
ハラスメント研修、アンコンシャスバイアス研修など、テーマに合わせて全社員または管理職を対象に実施します。また、多様な人材それぞれに合わせたキャリア研修を実施します。

2.多様な人材の採用と登用

性別・年齢・国籍・障がいの有無・新卒者または経験者等を問わず採用し、人格及び見識・能力・経験・倫理観の有無を要件として管理職に登用します。

3.女性管理職の拡充とキャリアの多様化

ポジティブアクションの一環として、女性のキャリア開発支援に取り組みます。
① 女性管理職育成研修の実施
女性管理職の育成やキャリア教育の拡充、社員それぞれの状況に則した教育研修を実施し、女性管理職の登用を実現します。

4.障がいをもつ社員の働きやすさ

障がいを持つ人材を採用する際、個々の障がいや適性を勘案し配属します。健常者と障がい者が、共に活躍できる環境づくりを推進します。

5.中高年社員の活躍

少子高齢化や多様な人材の活躍支援という観点と、中高年社員が持つ豊富な知識や経験を活かし、活躍を継続できる環境を整備します。

6.育児と仕事の両立支援

仕事と育児を両立する社員を支援します。女性社員だけでなく、男性社員でも育児休業の取得ができるよう、対象者に育児休業制度を個別に案内し、男性社員の子育て参加を支援します。

7.介護と仕事の両立支援

社員の状況に応じた個別の対応を継続し、介護と仕事の両立を支援します。

8.ダイバーシティ推進状況の確認

ダイバーシティの推進については、国や地域、業種によって取り巻く環境が異なることから、まずはグループの現状と目指すべき姿を整理したうえで、適切なKPIを検討し、推進状況を確認してまいります。