ユアサ商事株式会社

Menu
欲しいモノ 何でもそろうGrowing Navi 産業と暮らしのプラットフォーム
AI solution
グランドフェア

取引方針

ユアサ商事株式会社

ユアサ商事グループ取引方針

ユアサ商事グループは、創業から続く「良品奉仕」の精神に基づき、公正かつ堅実・誠実な商取引を行ってまいりました。
様々なステークホルダーとともに、地球環境との調和をはじめとするサステナビリティを重視した経営をより推進するため、「ユアサ商事グループ取引方針」を制定致しました。
お取引先さまにおかれましては、ユアサ商事グループと共に以下の方針に取り組んで頂きますよう、ご協力のほどお願い申し上げます。

1.法令遵守と公正公平な取引

ユアサ商事グループは、国内法、国際法、諸外国現地法令、条約等を遵守し、公正な商取引を行います。

2.人権の尊重と労働環境の整備

ユアサ商事グループは、別途定める「ユアサ商事グループ人権方針」に則り、事業に関わる全ての人々の人権を尊重します。また、企業活動に従事する人々を適正に雇用し、安全と健康への配慮を行い、働きがいのある人間らしい仕事と環境を提供します。

3.環境保全

ユアサ商事グループは、気候変動をはじめとする地球環境の保全に配慮した事業を行います。温室効果ガスの削減、水・大気・土壌の汚染防止、廃棄物の抑制、自然環境・生態系の保全等を通じて、持続可能な循環型社会の実現に貢献します。

4.商品やサービスの品質・安全性の確保

ユアサ商事グループは、豊かで健康的な社会の実現に向け、安全・安心で高品質な商品・サービスの提供に努めます。

5.機密漏洩防止・情報管理・知的財産権の保護

ユアサ商事グループは、情報セキュリティに関する法令、規制および契約上の義務を遵守するとともに、自社の知的財産権が侵害されないよう保護します。また、第三者の知的財産権を尊重します。

6.地域社会・国際社会との関係

ユアサ商事グループは、地球環境との調和を機軸として、世界のいかなる国、地域においても双利共生の関係を重視し、企業活動を通じて、より人間らしい豊かな社会づくりに貢献します。

7. 内部通報制度

ユアサ商事グループは、社内外から組織的または個人的な不正行為に関する通報およびそれに関する相談を適切に処理するための仕組みを作り、人権侵害、不正行為の未然防止、早期発見および是正を図ります。

8. 事業継続対策

ユアサ商事グループは、事業の継続または早期復旧を可能とするための事業計画を策定し、定期的に見直しを行います。また、自然災害や事故等による事業への影響の抑制に努めます。

9.定期的な確認と情報の管理

ユアサ商事グループは、「お客さまへの安全・安心の提供」「お取引先さまとの共存共栄」「本取引方針の推進」を目的に、お取引先さまに対し本取引方針に関する定期的な確認を実施いたします。 本取引方針に基づき提供頂いた秘密情報は厳格に管理し、機密保持に努めます。

取引方針に関わる具体的な取り組み

1.法令遵守と公正公平な取引

・取引にあたっては健全な商慣習に従い、自由で公正な競争を尊重し、適切な条件のもと取引を行います。
・強要や贈収賄を含むあらゆる腐敗取引に関与しません。
・反社会的勢力とは一切の関係を持たず、不当な要求は拒絶します。
・輸出入に関する規制を遵守します。

2.人権の尊重と労働環境の整備

・社員の多様性、基本的人権、プライバシーを尊重し、あらゆる差別の根絶に努めるとともに、各種ハラスメント、体罰、虐待などの非人道的な扱いを排除し、安全で健康的な職場環境の構築に取り組みます。
・雇用において性別、人種、宗教等による差別を行いません。
・強制労働や児童労働を排除します。
・社員に対して安全で衛生的かつ健康的な労働環境を提供します。
・法定最低賃金と適切な労働時間を守り、不当な賃金の減額を行いません。

3.環境保全

・ユアサ商事グループ全体で、温室効果ガスの排出を抑制します。
・廃棄物を抑制し、資源、エネルギーの循環・再生・有効活用に努めます。
・環境、防災、減災、BCP関連商品・事業の提供を通じ、持続可能な社会の実現に貢献します。

4.商品やサービスの品質・安全性の確保

・正確かつ迅速な商品情報の提供に努めます。
・商品の不具合対応を迅速に行います。
・コスト・納期の適正化に努めます。

5.機密漏洩防止・情報管理・知的財産権の保護

・情報資産の「機密性」「完全性」「可用性」を保ち、故意、または過失による情報漏えい、盗難、改ざんおよび破壊等を行いません。
・個人情報については、適切に保護管理し、漏洩を防止します。
・自社の知的財産権を保護すると共に、第三者の知的財産権を尊重し、侵害することのないよう配慮します。

6.地域社会・国際社会との関係

・地域社会・国際社会の一員として、それぞれの環境、歴史、課題を理解するよう努め、雇用の創出に取り組みます。
・持続可能な社会の実現に向けて、社会的課題解決への提案を行います。

7. 内部通報制度

・ユアサ商事グループは、社会倫理、法令や倫理方針、行動規範について、違反するような行為を発見した場合、内部通報要領に基づき速やかに報告する体制を構築します。

8. 事業継続対策

・ユアサ商事グループは、緊急事態発生時の体制ならびに対応手順をBCP行動フローで事前に定め、事業の継続と早期復旧に努めます。
・ユアサ商事グループは、BCPに関する教育ならびに演習を定期的に実施することにより、緊急事態発生時にフローを実施できる体制を構築します。
・ロジスティクス体制の整備により、商品の安定供給に努めます。
・お取引先さまにおいて災害、事件、事故により、事業継続が困難になった場合は、情報を共有するよう努めます。

9.定期的な確認

・本方針が遵守されていることを確認するため、お取引様に対して定期的な確認を実施します。